スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファイルの複数選択あれこれ

ファイルやフォルダを選択するには、その項目をクリックしますが、別の項目をクリックすると前の選択が解除されてしまい、通常は1つしか選択できません。
2つ以上をまとめて選択してコピー等を行うには、いくつかの方法があります。

選択したい項目が、かたまっている場合は、その範囲をドラッグします。
ドラッグでまとめて選択

ドラッグは通常、何かを「動かす」のに使うのですが、この「まとめて選択」だけは例外ですね。
では選択したい複数の項目が、まとまった場所にない時は、どうすればよいでしょうか?

その場合は、最初の項目を1つクリックし、その次以降はCtrlキーを押しながら順にクリックしていきます。
複数の項目をとびとびに選択するのに便利な方法です。
Ctrlキーで離れたファイルを複数選択

順に並んでいる項目の、「ここからここまで選択」という時は、最初の項目をクリックした後、最後の項目をShiftキーを押しながらクリックすると、その間も全て選択状態になります。
Shiftキーで間のファイルを全て選択

いずれの場合も、メニューの「編集」⇒「選択の切り替え」をクリックすると、今選択されている項目とそれ以外が入れ替わります。
↓↓↓上の図の状態から、選択を切り替えたところです。
「選択の切り替え」を使う

あるフォルダの中で、1つの項目以外を全て選択したい時などは、その1つをクリックで選択した後、「選択の切り替え」を行えば簡単に残りの項目が選択できますね。
・・・・・書き忘れましたが、フォルダ内全ての項目を選択したい時は、「編集」⇒「すべて選択」ですよ。

こういう操作は、とにかく実際に何度かやってみると、すぐに身につきます。
習うより慣れろの典型でしょうね。(^ ^)

テーマ : Windows 全般
ジャンル : コンピュータ

tag : パソコン豆知識 Windows

コメントの投稿

非公開コメント

★ カテゴリー ★
全ての記事

全ての記事を表示する

最新のコメント
お役立ちサイト
訪問者数
★ 最新の記事 ★
スポンサードリンク
サイト内検索
管理人のWebサイト
★ランキング参加中★

RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。