スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファンクションキーについて

キーボードの最上段にある「F1」~「F12」のキーを、ファンクションキーと言います。
最上段のファンクションキー

文字通り、それぞれのキーに「機能」が割り当てられています。
知っていると便利なものをあげてみましょう。
(使用ソフトにより違う時もあります)

まず「F1」はヘルプの表示です。
メニューにもヘルプはありますが、キー操作の方が早いですね。
ファイルやフォルダを選択した状態で「F2」を押すと、名前の変更ができます。
通常のフォルダウィンドウでは「F5」が「最新の状態に更新」です。
これはInternet Explolerでも同様で、ニュースサイトや株価情報のページを見ていて、少しでも最新の内容を知りたい時に使います。
なお、同じブラウザでもfirefoxでは「Ctrl+R」が、最新の状態に更新になります。

日本語で文字入力中、「F7」で一発カタカナ変換になるのは、知っている方も多いでしょう。
ただ私は、このF7キーが遠くて打ちにくいので、カタカナ変換にはスペースキー左横の「無変換」キーを使っていますが。
ブラウザ関連ではもう1つ、「F11」が「全画面表示」で、これはInternet Explolerもfirefoxも同じです。
特に縦長の画像を見る時など、全画面表示にするとメニューバーなどがなくなって表示部分が広くなります。
もう一度「F11」を押すと、元に戻りますよ。

ところでこのファンクションキー、(特にノートパソコンで)左下隅の「FNキー」と組み合わせる使い方があります。
下段左隅のFNキー

パソコンにより利用できる機能が違うので、詳しくは取扱説明書などを参考にして下さい。
私のパソコンでは、スタンバイや休止状態への移行、モニタの明るさ変更、タッチパッドのON/OFFなどが、これでできるようになっています。

ファンクションキーはFNキーと組み合わせても使える

突然マウスが使えなくなるようなアクシデントが起きることもあります。
普段はそれほど「キー操作派」でない人でも、知識として覚えておくと、万が一の時も慌てずに済みますね。

テーマ : 初心者のために・・・
ジャンル : コンピュータ

tag : Windows パソコン豆知識

コメントの投稿

非公開コメント

★ カテゴリー ★
全ての記事

全ての記事を表示する

最新のコメント
お役立ちサイト
訪問者数
★ 最新の記事 ★
スポンサードリンク
サイト内検索
管理人のWebサイト
★ランキング参加中★

RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。