スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィンドウズキーの使い道

ウィンドウズフラグの印が付いたウィンドウズキー、使っていますか?
ウィンドウズキー

押すとスタートメニューが出ますが、良く起動するソフトはデスクトップにショートカットを作ることが多いので、スタートメニューを使わない人も多いようです。
「スタート」メニューなのに「終了」の時しか出番がないし、左隅の「スタート」をクリックすればいいから、ウィンドウズキーなんかほとんど触ったことがない人もいるかもしれませんね。

私は意外と?使っています。 (^ ^)
まず簡易ランチャーとして。
デスクトップの起動用ショートカットとは違い、ウィンドウでデスクトップが隠れていても、スタートメニューは常に前面に出るので、何かソフトで作業中、他のソフトの助けを借りたい時は、簡単に起動できて便利なのです。
例えば、私がスタートメニューに登録しているソフトの一部は、このようなものです。↓↓↓
スタートメニューに登録してあるソフト

「良く使う」というよりは、「補助的な」ソフトが多いです。
「画像にキーボードからは入力できない文字を入れたい」「このWebサイトの配色を調べたい」・・・などですね。

また、パソコンを終了する時は、「ウィンドウズキー」⇒「U」⇒「U」とキーだけで操作します。
スタンバイなら最後が「S」です。
この文字キーは、日本語の後にカッコに入った下線付きアルファベットでちゃんと書いてあります。
終了やログオフもショートカットキーが使える

Altキーでメニューを開いた後と同じですね。
見ながら何度かやっているうちに覚えてしまい、私は終了・スタンバイはいつもキー操作です。
やはりキーの方が早くて簡単なんですよね。

この他に、ウィンドウズキーと文字キーを組み合わせるショートカットキーがあります。
デスクトップがたくさんのウィンドウで溢れていても「ウィンドウズキー+D」で、ウィンドウがすべて最小化されてデスクトップが現われます。(もう一度同じ操作で元に戻ります)
「ウィンドウズキー+E」で、エクスプローラ形式でマイコンピュータが開きます。
普段あまりアクセスしないファイルなどを捜す時に便利。
「ウィンドウズキー+F」では、ファイル・フォルダの検索画面が出ます。
今まであまりウィンドウズキーを使ったことがない人も、ちょっと試してみませんか?
(^ ^)

tag : Windows パソコン豆知識 ショートカットキー

コメントの投稿

非公開コメント

★ カテゴリー ★
全ての記事

全ての記事を表示する

最新のコメント
お役立ちサイト
訪問者数
★ 最新の記事 ★
スポンサードリンク
サイト内検索
管理人のWebサイト
★ランキング参加中★

RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。