スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Altキーでメニューを開く

Altキーを使ってメニューを開くショートカットキーもあります。
「Ctrl+V」などと違って、一発で操作できるわけではなく、ひと手間多いのですが、キーを覚えていなくても使える、という利点があります。

メニューバーを良く見ると、ファイル、編集・・・・とあるすぐ後ろに、カッコ入りのアルファベットがあり、下線が引いてありますね。
「編集」ならEとあります。
Altキーを押しながらEのキーを押すと、編集メニューが開きます。
呼び出したい機能のすぐ後ろにある、やはりカッコ入り下線付きの文字キーを押しましょう。(今度はAltキーは要りません)
コピーなら「C」だけでOKです。
Altキーでメニューを開く

サブメニューがある時も同様に、最初だけAltキーと同時押しでメニューを開いたら、あとは文字キーだけで操作できますよ。
↓↓↓これはExcelの例です。
サブメニューも文字キーを押すだけ

ここで指定されているアルファベットは、英語のコマンドの頭文字や、含まれる単語の一部分から取ったものがほとんどです。
英語版のソフトを使ったことがある人はご存知だと思いますが、「編集」はEdit、「表示」はView、「貼り付け」はPasteですよね。
で、このショートカットキーに使う文字に、目印として下線が引いてあるのです。
日本語版のソフトも、それに倣っているというわけです。

Windowsでは一般に、何かメニューの一覧が出て、そのすぐ後にカッコに入った下線付きのアルファベットが書いてあったら、その文字キーを押せばクリックしたのと同じことになります。
文字が書いてあるので、覚えていなくてもキー操作できるのが利点です。
また、CtrlやShiftキーを使うショートカットキーは、全てのメニューに対して割り当てられているわけではありませんが、このAltキー方式?は、ほとんどの操作に使えます。
(ただしソフトによっては、対応していないこともありますが)
マウスが使えないような状況では、威力を発揮します。
知識として知っておくと、思いがけない時に役立つかもしれませんよ。

テーマ : Windows 全般
ジャンル : コンピュータ

tag : Windows ショートカットキー パソコン豆知識

コメントの投稿

非公開コメント

★ カテゴリー ★
全ての記事

全ての記事を表示する

最新のコメント
お役立ちサイト
訪問者数
★ 最新の記事 ★
スポンサードリンク
サイト内検索
管理人のWebサイト
★ランキング参加中★

RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。