スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メニューに書いてあるショートカットキー

メニューやツールボタンをクリックするかわりに、キーボードでソフトの機能を呼び出す操作法があります。
割り当てられたキー(の組み合わせ)をショートカットキーと言います。
実はパソコンは、マウスやタッチパッドなしでも、キーボードだけで操作できるようになっているのです。
例えばメニューを開くと、右横に書いてある「Ctrl+V」などの表示が、その機能を実行させるショートカットキーになります。
↓↓↓これは通常のフォルダウィンドウの「編集」メニューです。
メニューに表示してあるショートカットキー

「Ctrl+C」なら、まず先にCtrlキーを押して、それを押さえたままCキーを押せば、メニューやツールボタンをクリックしなくても(選択してあるものが)コピーされるのですね。
↓↓↓こちらはGreenPadというテキストエディタの「ファイル」メニューです。
テキストエディタのショートカットキー

「別名で保存」は「Ctrl+Shift+S」ですから、3つのキーを押すことになります。

ショートカットキーの利点は「速い」ということです。
特にワープロ、テキストエディタ等の文字入力中心の作業では、メニューやツールボタンをクリックするために、一々マウスまで手を伸ばさなくても、キーボードを使った方がラクですね。

欠点は、「キーを覚える必要がある」「誤操作の危険がある」ことでしょうか。
CはCopy(コピー)、SはSave(保存)の頭文字など、文字のキーは英語が元になっていることが多いので、それを手がかりに覚えるのがコツです。
また、Windowsのソフトなら共通して使えるショートカットキーからマスターしていくと、利用範囲が広く便利でしょう。

「誤操作の危険」とは、例えば上のGreenPadの例だと、「別名保存」のショートカットキーでShiftキーを押し忘れたり、押し方が不十分だと、「(上書き)保存」になってしまう、ということです。
またソフトが違うと、同じショートカットキーでも別の操作になることが多々あります。
↓↓↓これは画像ビューアIrfanViewのショートカットキーです。
IrfanViewのショートカットキー

「選択範囲にテキストを挿入」の「Ctrl+T」は、画像編集ソフトJTrimでは「切り抜き(トリミング)」、ペイントソフトAzPainterでは「クリップボードから開く」になってしまいます。
ソフト別にショートカットキーを覚えて、一々頭を切り替えて使うのも面倒ですね。

ショートカットキーは、必ずマスターしなければならないものではありません。
パソコンの使い方は人それぞれなので、自分の環境や用途に合わせて「適宜」ショートカットキーを利用するのがベストです。
私は一部のソフトを除くと、「Ctrl+Z」「Ctrl+A」以外のショートカットキーはほとんど使っていません。
右クリック派ということでしょうか。(^ ^;)

テーマ : 初心者のために・・・
ジャンル : コンピュータ

tag : Windows ショートカットキー

コメントの投稿

非公開コメント

★ カテゴリー ★
全ての記事

全ての記事を表示する

最新のコメント
お役立ちサイト
訪問者数
★ 最新の記事 ★
スポンサードリンク
サイト内検索
管理人のWebサイト
★ランキング参加中★

RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。