スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートカットを「送る」に登録

ファイルを右クリックした時の「送る」のリストに、良く使うフォルダが登録されていると便利だと思いませんか?
ファイルをそのフォルダにすぐコピーできます。
これもショートカットを使うと簡単にできますよ。

右クリックの「送る」は、SendToというフォルダがその実体?で、すでにリストにある項目も、実はショートカットなのです。
ですから、このリストに加えたいフォルダのショートカットを自分で作って、SendToフォルダに入れればいいのです。

まずショートカットを作ってデスクトップに置いておきます。
SendToフォルダは、環境によっては表示されていないこともあるので、簡単に開くには、スタート⇒「すべてのプログラム」の「ファイル名を指定して実行」を使います。
名前の欄にsendtoと入力してOKをクリックしましょう。
SendToフォルダを開く

SendToフォルダが開きましたね。
今まで「送る」のリストに出ていた項目のショートカットが、いくつか入っていると思います。
そこへ、デスクトップに作っておいたフォルダのショートカットを、ドラッグして移動させましょう。
SendToフォルダにショートカットを入れる

では、何かこのフォルダにコピーしたいファイルを右クリックしてみましょう。
「送る」にフォルダ名が追加されていればOKです。
右クリックの「送る」のメニューが増える

あちこちに散らばっているファイルを、特定のフォルダに集めたい時などに、このテクニックは重宝します。

フォルダだけでなく、ソフトの起動用ショートカットをSendToフォルダに入れれば、「送る」でファイルを開いて起動します。
ただこれは、やはり右クリックの「プログラムから開く」と同じ働きなので、「送る」の方にはフォルダを登録、と使い分けるのがいいと思います。
色々工夫して、快適なファイル操作を目指してみてください。

テーマ : Windows 全般
ジャンル : コンピュータ

tag : Windows パソコン豆知識 右クリック

コメントの投稿

非公開コメント

★ カテゴリー ★
全ての記事

全ての記事を表示する

最新のコメント
お役立ちサイト
訪問者数
★ 最新の記事 ★
スポンサードリンク
サイト内検索
管理人のWebサイト
★ランキング参加中★

RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。