スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートカットにドラッグ&ドロップ

ソフトのショートカットをデスクトップに置いておくと、ダブルクリックですぐ起動できて便利ですが、他にも、ファイルを直接このショートカットにドラッグ&ドロップして、ファイルを読み込んだ状態で起動させる方法があります。
すでに作成してあるファイルの閲覧や編集の際には、この方法を使うと、ソフトを起動してから「開く」でファイルを読み込む手間が省けて便利ですね。
文書、画像、音楽など、大抵の閲覧&編集ソフトはこの「ドラッグ&ドロップでの読み込み起動」に対応しています。
(そうでないソフトもありますが)

デスクトップのショートカット(画像編集JTrim)に、写真のファイルをフォルダウィンドウからドラッグしているところです。
デスクトップのショートカットにファイルをドラッグする

ポインタの下にプラス印が付いているのは、「ファイルを(移動ではなく)コピーしていますよ」という意味です。
ショートカットアイコンの上にファイルを持っていくと、ショートカットの名前の部分が反転表示になります。
そうしたら、指を離して(ドロップして)ください。
ファイルを開いた状態で、ソフトが起動します。
「反転表示」になるまで待つ

このファイルの読み込みには、少し時間がかかったり、ドラッグして持っていく「位置」がまずいと読み込み損ねたりすることがあるので、必ず反転表示になったのを確かめてからドロップしましょう。

このように、デスクトップにソフトのショートカットを置いておくと、何かと便利ですが、あまりたくさんショートカットが増えすぎても困りますよね。
それほど使わないものは、適宜整理して削除するなどしましょう。
また、フォルダを作ってそこにショートカットを移動させてから、デスクトップの端に持っていきツールバー化する方法もお勧めします。

テーマ : パソコン豆知識
ジャンル : コンピュータ

tag : Windows ショートカット パソコン豆知識 デスクトップ

コメントの投稿

非公開コメント

★ カテゴリー ★
全ての記事

全ての記事を表示する

最新のコメント
お役立ちサイト
訪問者数
★ 最新の記事 ★
スポンサードリンク
サイト内検索
管理人のWebサイト
★ランキング参加中★

RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。