スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタートアップに入れて自動起動

ソフト起動用のショートカットは、「すべてのプログラム」の「スタートアップ」に入れると、パソコンの電源を入れた後、ソフトを自動で起動させることができます。
パソコンを立ち上げると、メールを見る、特定のWebサイトをチェックするなど、いつも最初にやることが決まっている人は、利用すると便利なワザです。

まず、自動起動させたいソフトのショートカットを作って、デスクトップなどに置いておきます。
次にスタートメニューの「すべてのプログラム」の中から、「スタートアップ」という項目を探しましょう。
見つけたら右クリックします。
スタートアップフォルダを開く

「開く」をクリックします。
(ユーザー別に設定したいなら「開く」を、全員で同じ設定にしたいなら「開く-All Users」にします。1人でしか使っていないパソコンなら、どちらでも同じです)
開いたフォルダに、ショートカットをドラッグして移動させましょう。
スタートアップフォルダ内のソフト起動用のショートカット

Windowsのしくみで、このスタートアップフォルダにショートカットを入れておくと、Windowsと一緒に自動で起動するようになっているのですね。
このフォルダには、自分で入れたつもりがないショートカットも、すでにいくつか入っていることがあります。
パソコンのメーカーが入れたランチャーや、ソフトのインストールの際に一緒に入ったものなど・・・・・「必要ない」と判断できるショートカットは、削除してもいいでしょう。
あまりスタートアップにたくさんショートカットが入っていると、パソコンの起動に時間がかかりますし、自動起動したソフトを終了し忘れると、余分な負荷をパソコンにかけてしまうからです。

このスタートアップ起動と各ソフトの設定を工夫すると、パソコンの電源を入れたら自動的にメールソフトの受信トレイが開くとか、ブラウザに特定のWebサイトを表示させる、などの合わせ技もできます。
また、ソフトの起動だけでなく、フォルダやファイルのショートカットを入れておけば、それらが自動的にデスクトップに開きます。
色々試してみましょう。(^-^)

テーマ : Windows 全般
ジャンル : コンピュータ

tag : Windows ショートカット パソコン豆知識

コメントの投稿

非公開コメント

★ カテゴリー ★
全ての記事

全ての記事を表示する

最新のコメント
お役立ちサイト
訪問者数
★ 最新の記事 ★
スポンサードリンク
サイト内検索
管理人のWebサイト
★ランキング参加中★

RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。