スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言語バーの置き方いろいろ

Windowsでは、文字入力や漢字変換などに関する設定が、言語バーで管理・確認できるようになっています。
大抵はデスクトップ右下にある、↓↓↓これが言語バーですね。
言語バー

タスクバーの上にちょこんと乗っていることが多いと思いますが、左端をドラッグすると、好きな場所に動かせます。
ただ、置き場所によっては作業の邪魔になるので、右クリックメニューで表示タイプが色々選べます。
言語バーの右クリックメニュー

それぞれこんな風に↓↓↓↓なりますよ。
言語バーの縦置きや透明化

私は普段、「最小化」して使っています。
元に戻す時は、右クリック⇒「言語バーの復元」を選びます。
最小化すると、タスクバーの中にスッキリ納まって良いのですが、時々隠れて見えなくなることがありますね。
そんな時も、(少しだけ見えている部分を)右クリック、メニューから「言語バンド位置の調整」を選べば、また姿を現します。
(何故ここだけ「バー」じゃなくて「バンド」なのかナゾですが)

最小化した言語バーの右クリックメニュー

この言語バー、アイコンのデザインがイマイチ何を表しているのか、わかりにくいのが難点です。
右クリックの「テキストラベル」を選べばアイコンの横に説明が出ますが、言語バー自体が長くなりすぎ、あまりお勧めできません。
ポインタをアイコンの上に置くと、ポップアップ表示が出るので、それを利用しましょう。
言語バーアイコンのポップアップヒント

テーマ : 初心者のために・・・
ジャンル : コンピュータ

tag : 言語バー Windows

コメントの投稿

非公開コメント

★ カテゴリー ★
全ての記事

全ての記事を表示する

最新のコメント
お役立ちサイト
訪問者数
★ 最新の記事 ★
スポンサードリンク
サイト内検索
管理人のWebサイト
★ランキング参加中★

RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。