スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽しい絵フォント

フォントの中には文字ではなくて、絵や記号のものがあります。
絵フォント、シンボルフォント、イラストフォント、素材フォントなど色々な呼び方があり、種類も豊富です。
私のパソコンで使える絵フォントを画像にしてみました。
(インストールされているフォントは、環境により異なります)
絵フォントの例

面白い絵がたくさんありますね~(^ ^)
画像編集ソフトの文字入れダイアログで、絵フォントを選択し、適当にキーボードを押せば、どんどん絵が出てきますよ。
シフトキーと一緒に押せば、また違うものが出ます。
通常の文字フォント同様、サイズや色を自由に指定できるので、大きくすればイラストのように使えて便利です。

ただ文字と違って、どのキーを押せばどんな絵が出るのかわかりづらいのが難点です。
専用のフォントビューワならキーとの対応が一覧できますが、とりあえず絵フォントを使う時は、Windowsの「文字コード表」を利用すると簡単です。
スタート⇒すべてのプログラム⇒アクセサリ⇒システムツール⇒文字コード表で起動します。
何か絵フォントを指定すると、このように一覧表示されます。
(画像はクリックすると大きくなります)

文字コード表の画面

使いたい絵を選択(複数も可)し、コピーするとクリップボードに取り込まれるので、画像編集ソフトの文字入力欄に貼り付けられます。
この文字コード表を使うと、キーボードに割り当てがない絵も選択できて便利なのですが、これには対応していない画像編集ソフトも多く、ちょっと残念ですねー。
また通常のフォントでも、記号やマークなどは、この文字コード表で探すと意外に面白いものが見つかったりしますよ。
私は画像で絵フォントや記号を良く使うので、文字コード表がすぐに起動できるよう、スタートメニューに登録しています。

テーマ : 初心者のために・・・
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

★ カテゴリー ★
全ての記事

全ての記事を表示する

最新のコメント
お役立ちサイト
訪問者数
★ 最新の記事 ★
スポンサードリンク
サイト内検索
管理人のWebサイト
★ランキング参加中★

RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。