スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォント名に付くPの意味

フォント名に付いている一種の記号で「P」とあるのは一体何でしょうか?
例えば、これは画像編集ソフトの文字入れダイアログの「フォント一覧」ですが、「MS ゴシック」と「MS P ゴシック」、何が違うのでしょう。
画像編集ソフトのフォント一覧

両方文字入れして比べてみました。↓↓↓↓(太字設定です)
等幅フォントとプロポーショナルフォントの違い

アルファベットの「l」や「i」を見るとよくわかりますが、MS P ゴシックの方は字の幅が文字によって違います。
一方、MS ゴシックは字幅が全部一定ですね。
これを「等幅フォント」と言います。

これに対して、細長い文字で間隔が空き過ぎないように、字幅を適宜調整してデザイン&配置されるフォントを「プロポーショナルフォント」と言います。
「P」は、このプロポーショナルの頭文字だったのですね。

どちらでも好きな方を使えばいいのですが、テキストエディタやメールソフトなどでは、ファイルやメールを作成した側と受け取る側で、等幅とプロポーショナルの設定が違うと、表示が乱れたりするので注意が必要です。
また、アスキーアートと呼ばれる「文字で描く絵」も、等幅で作ったものをプロポーショナルで見ると、ヒサンな結果になってしまいます。
(逆も同じ)
「P」のあるなしで随分と違いが出るのですね。

他にも似たような名前のフォントを、比較のために並べてみました。
御参考に。
色々なフォントの比較

(パソコンにインストールされているフォントは、環境により異なります)

テーマ : パソコン豆知識
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

★ カテゴリー ★
全ての記事

全ての記事を表示する

最新のコメント
お役立ちサイト
訪問者数
★ 最新の記事 ★
スポンサードリンク
サイト内検索
管理人のWebサイト
★ランキング参加中★

RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。