スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何もないデスクトップ!?

デスクトップは、アイコンや画面下のタスクバーをすべて非表示にして、背景(壁紙)だけにすることができます。
「何もない」デスクトップ、ある意味爽快です!
お気に入りの背景画像が「ごみ箱」で台無しになることもありませんね。
でもそんなことして、パソコンをどうやって使うの?という方、心配いりません。
使えなくなるようなら「非表示」にする設定なんかできないはず。

まず、タスクバーを隠してみます。
タスクバーの何もないところを右クリック⇒プロパティを開きます。
タスクバーを隠す設定

「タスクバーを自動的に隠す」にチェックを入れてOKしましょう。
するとタスクバーが、画面下の細い線だけになりましたね。
ここにポインタを近づけると、スッとタスクバーが出てきます。
つまり「自動的に隠す」というのは「自動的に出てくる」のです!
便利ですね~!(^-^)

デスクトップには、まだ言語バーがあると思いますが、これも右クリック⇒「最小化」で見えなくなります。
(言語バーの最小化、というのは言語バーをタスクバーに格納することなので、すでに最小化してあった場合は、タスクバーを隠す設定にする時に、一緒に見えなくなります)

次にデスクトップの何もない所を右クリック⇒「デスクトップアイコンの表示」のチェックをクリックしてはずします。
デスクトップアイコンを非表示にする設定

これで何もないデスクトップになりました~♪

ではこの状態で、フォルダを開いたりソフトを起動するにはどうすればいいでしょうか?
まず、タスクバーはポインタを近づければ自動的に出てくるので、スタートメニューはそれで使えますね。
Windowsキー(キーボード最下段の旗印のキー)を押す方法もあります。
ショートカットを入れたフォルダをツールバーにする方法と併用すれば、大抵のことは間に合うはずです。
もちろん、フォルダやソフトにショートカットキーを設定しておく、ランチャーを使うなどの方法もあります。
ただ、文字入力を多用する人は、言語バーだけは表示させておいた方がいいかもしれません。

ブラウザでインターネットを「見るだけ」のような人は、タスクバーを隠しておくと、その分画面が広くなります。
作業中、ウィンドウの端から見えるアイコンが目障りなら「非表示」にしてスッキリ・・・・・と、お好みで環境を整えるとパソコンを使うのが楽しくなります。
これに限りませんが、パソコンの表示は、設定次第でどうにでもなるのです。
パソコンを買ったままの状態で、「操作」を覚えるのに必死になっている人がいますが、それではパソコンの奴隷です。
カスタマイズを通じて「自分の方が主人」という感覚を身に付けると、パソコンを使いこなす自信が出てきますよ。

(なお、最小化した言語バーは右クリック⇒「言語バーの復元」で元に戻ります。他についても、非表示にしたときの逆に設定すれば、以前の状態に戻ります)

テーマ : デスクトップ
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

★ カテゴリー ★
全ての記事

全ての記事を表示する

最新のコメント
お役立ちサイト
訪問者数
★ 最新の記事 ★
スポンサードリンク
サイト内検索
管理人のWebサイト
★ランキング参加中★

RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。