スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電王戦リベンジマッチ~習甦VS菅井竜也五段

電王戦リベンジマッチ~習甦VS菅井竜也五段を、ニコ生で観戦しました。
http://ex.nicovideo.jp/denou/revenge23/

当日新聞の広告を見るまでリベンジマッチのことを知らず、持ち時間は8時間ずつ、4回の休憩のみでブッ通し…というルールにびっくり!
ソフトは早指しに強く、持ち時間は長い方が人間に有利とは言われていましたが、夜を徹してやるとは誰が考えたんでしょう?
イベントとしてはインパクトがあり面白いですが…毎度のことながら、ニコ生は企画力が抜群ですね。

私は基本的にソフト応援とはいえ、あまりに人間に差をつけてしまうと電王戦自体が見られなくなる可能性があるので、両者拮抗の戦いを期待しながら見ていました。
(全部べったり通して見たわけじゃないですが)
実際、何度かの長考もあって、画面上のポナンザの評価値も中央から大きく左右に動くことなく、緊迫した戦況が続きます。
しかし最後は菅井五段が時間切れで一分将棋になってしまい、淡々と指していた習甦+電王手君を前に力尽きてしまいました…
徹夜でやったことがどこまで敗因の一部かは分かりませんが、この持ち時間なら2日制にしても良かったんじゃないかと。

画面内では無表情の電王手君に対して、菅井五段が頭をかきむしったり眉をしかめたりする人間的な仕草が対照的で、負けたとはいえ彼がこの「死闘」に全力で挑んだ姿は立派だったと思います。
本当に見応えがありました。

さてリベンジのリベンジってあるのでしょうかね?
二度あることは三度あるなのか、三度目の正直なのか…
ニコ生の次のビックリ企画を楽しみにしたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 最近気になったニュース
ジャンル : コンピュータ

tag : 電王戦 将棋 ソフト ニコニコ生放送

★ カテゴリー ★
全ての記事

全ての記事を表示する

最新のコメント
お役立ちサイト
訪問者数
★ 最新の記事 ★
スポンサードリンク
サイト内検索
管理人のWebサイト
★ランキング参加中★

RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。