スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットでクラシック音楽公演の「ライブ配信」

ネットが文字情報や静止画像だけでなく、テレビに準じた動画閲覧手段となっているのは、もう皆さん御承知だと思います。
YouTubeは言うまでもないですが、このところの話題はUSTREAM(ユーストリーム)に代表される「ライブ配信」ですね。
音楽関係では有料公演の模様が、高音質・高画質でストリーム配信される例が相次いでいます。

クラシック音楽でも昨年末から今年にかけて、ネットでのライブ配信企画があり、私も大いに楽しませてもらいました。
まずは昨年の大晦日、東京文化会館でのベートーヴェン交響曲全9曲通し演奏会。
年末の「第九」は日本の風物詩ですが、それに先立つ8曲も全て、ロリン・マゼールという世界的指揮者(何と80歳!)が一人で指揮をする様子が、お昼過ぎから夜11時半近くまでライブ配信されました。

この企画を知ったのは本番4~5日前、Twitterで広まっていたからです。
当日は田舎の実家にいましたが、お正月の準備で忙しい中、合間をぬってチラチラと視聴、最後の第九は(紅白を見ている家族を尻目に)ヘッドホン鑑賞していました。
チャットにTwitterのアカウントでログインし、たくさんの人達とワイワイ言葉を交わしながらライブを「共有」できたのは、とても新鮮で面白い経験でしたね。
クラシックの公演では演奏中の私語は厳禁ですが、ネット視聴&Twitterならそれを気にする必要は全くないし。

続きを読む

スポンサーサイト

tag : ネットサービス ライブ配信 クラシック USTREAM

★ カテゴリー ★
全ての記事

全ての記事を表示する

最新のコメント
お役立ちサイト
訪問者数
★ 最新の記事 ★
スポンサードリンク
サイト内検索
管理人のWebサイト
★ランキング参加中★

RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。