スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「何に」バックアップするのか

「バックアップの重要性はわかっているけれど、ついつい面倒で後回しになってしまう」という人は多いと思います。
バックアップをおこたっているうちに、ファイルが溜まってしまい、余計おっくうになる・・・の悪循環ですね。
こういう方は、バックアップの方法(何に、どういう手段で)を考え直してみたらどうでしょうか?
つまり「面倒でない方法」なら、バックアップの習慣付けができるわけです。

現在私は、手の平に乗るような小型の外付けハードディスクに、バックアップソフトを使ってバックアップしています。
この方法にしてから、バックアップが大変ラクになりました。
原則、パソコンを終了する前にはバックアップすることにしていますが、全く苦になりません。
以前は、ある程度ファイルが溜まったら、それを一旦(書き消し自由の)CD-RWに焼き、それが一杯になるとあらためてCD-Rに焼いて、CD-RWの方はフォーマットしてまた使う・・・でした。
この方法、お金はかかりませんが(笑)、手間と時間の面ではあまり良くありませんね。

「何に」バックアップするかは、手間とも関係してくるので、大変重要です。
今はいろんな記録メディアや機器があり、大容量のものでも非常に安く手に入るようになりました。
以下、それぞれの一長一短を見ていきましょう。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : パソコン豆知識
ジャンル : コンピュータ

tag : パソコン豆知識 パソコン初心者 バックアップ

★ カテゴリー ★
全ての記事

全ての記事を表示する

最新のコメント
お役立ちサイト
訪問者数
★ 最新の記事 ★
スポンサードリンク
サイト内検索
管理人のWebサイト
★ランキング参加中★

RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。