スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

辞書が消えた!?

先日、IMEに自分で登録しておいた単語辞書が、突然全く使えなくなりました。
たとえば「hd」と入力してスペースキーを押せば「ハードディスク」と変換されるはずなのに、「hd」のまま・・・。
言語バーの「ツール」⇒「辞書ツール」とクリックすると、辞書のウィンドウ内が真っ白で、何もない状態になっています。

要するに、辞書のファイルがなくなったか壊れたかして、使えなくなったようです。
自分でファイルを削除した覚えはないし、どうしてこうなったか原因は全くわかりません。
幸い辞書のバックアップがあったので、日付は1ヶ月半ほど前のものでしたが、それを読み込ませて「復帰」することができました。
200近い単語が登録してあったので、もしバックアップがなく1から登録し直すとなったら、大変な手間になるところでした。
バックアップの重要性を再認識!

では、登録した辞書のバックアップの方法を説明します。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : トラブル
ジャンル : コンピュータ

tag : IME パソコン豆知識 バックアップ パソコントラブル

フリーソフトで3Dステレオグラム

フリーソフトで作った3Dステレオグラム(裸眼立体視)画像です。
シームレステクスチャ作成にはSeamew、3Dステレオグラム生成にはStereoPictを使っています。

ステレオグラム画像1

<見方>
1.パソコンのモニタから目を離し、窓の外、部屋の隅など、できるだけ遠くを見ます。
2.遠くに目の焦点を合わせたまま、視野の中に3Dステレオグラムの画像が入るようにします。
3.画像上部の2つの丸い点がしだいに近づいていき、3つに見えた時、画像が立体的に凹凸がついて見える・・・はず。

続きを読む

tag : フリーソフト ステレオグラム

ソフトを使う前に環境設定

何か新しいソフトを導入する際には、操作してみる前に、ソフトの設定を確認するようにしましょう。
ごく単純なソフトを除けば、大抵「オプション」「環境設定」「ユーザー設定」「カスタマイズ」などのメニューがあるはずです。
例えばこれは、画像編集ソフトPictBear SEの環境設定ダイアログの一部です。
環境設定ダイアログ

透過色部分を表す市松模様や、グリッド(目印になる線)の色が、自分の好きなように設定できるのですね。

続きを読む

テーマ : パソコンな日々
ジャンル : コンピュータ

tag : パソコン豆知識 カスタマイズ パソコン初心者

対応ファイル形式は要チェック!

ソフトはそれぞれ扱えるファイル形式が決まっています。
対応していない形式のファイルは、開いたり保存したりすることができません。
また、開けるが保存はできないとか、同じBMPという拡張子の画像ファイルでも、フルカラーは扱えるが256色モードはダメ、あるいはその逆など、結構複雑です。
このようなことに関しては、ソフトのヘルプやReadmeファイル、オンラインソフトなら作者のWebサイト等であらかじめ確認しておきましょう。
無用なトラブルやエラーが防げます。
例えばWindows付属の簡易ワープロソフト、ワードパッドのヘルプには
対応形式についてこう書かれています。
ワードパッドの対応ファイル形式

続きを読む

tag : パソコン豆知識 パソコン初心者

メニューはノートに書いておこう

良く使うソフト、攻略したい?ソフトは、「ファイル」「編集」などのメニューを全部開いて、項目をノートに書いておくことをお勧めします。
こうすることで、そのソフトでできることの概略がわかりますし、せっかく便利な機能があるのに見落としていた、ということもなくなります。
私は、やや小さめのノートを見開きで使い、左にメニュー項目、必要ならば右に説明をメモしています。

ソフトのメニューを書いたノート

続きを読む

tag : パソコン初心者 パソコン豆知識

★ カテゴリー ★
全ての記事

全ての記事を表示する

最新のコメント
お役立ちサイト
訪問者数
★ 最新の記事 ★
スポンサードリンク
サイト内検索
管理人のWebサイト
★ランキング参加中★

RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。