スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アプリ」と「ソフト」って違うの?

メール送受信、表計算、画像編集など、特定の目的のために作られたソフトウェアは、正確にはアプリケーションソフトと言います。
応用ソフトと訳すこともありますが、略して「アプリ」と言う人もいます。
ではこの「アプリ」と、単に「ソフト」と言うものは違うのでしょうか?

「ソフト」は時として、アプリケーションソフト以外の、WindowsなどのOS(基本ソフト)も含む場合があります。
モニタやハードディスクなどの「ハード(ウェア)」に対する「ソフト」ですね。
「アプリ」は、応用ソフトだけをさし、OSは含みません。
この話を続ける前に、パソコンの「ハード」「OS」「アプリ」の関係を、おさらいしておきましょう。
図にすると、こうなります。 ↓↓↓

ハード、OS、アプリの関係


続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : パソコン豆知識
ジャンル : コンピュータ

tag : パソコン豆知識 パソコン初心者 ソフトウェア

ROMる、ROM専とは一体何?

パソコン用語というよりは、インターネット用語かもしれませんが、「今までROMってました」「ほとんどROM専ですがよろしく」・・・のような表現を見たことがありませんか?
このROMって何でしょうか?

家電店などでパッケージ版の市販ソフトを買うと、大抵CD-ROMにソフトのデータが記録されていて、それをパソコンのハードディスクにコピー、インストールしますね。
この場合のROMは、Read Only Memoryの略で、「読み出し専用記憶装置(又はメディア)」のことです。
CD-ROMは出荷時にすでにデータが書き込まれていて、それは消したり書き換えたりできませんね。
読み出ししかできないので、「読み出し専用」なわけです。
パソコン関係の雑誌・書籍の付録に付いてくるCD-ROMも同様です。

一方「ROMる」など、ネット俗語?としての「ROM」は、Read Only Memberの略です。
つまり掲示板に書き込んだりブログにコメントなどせずに、サイトを「読んでるだけの人」「見ているだけの人」を言います。
「ROM専」は「ROM専門」・・・文字通り「見ているだけ」ですね。

続きを読む

テーマ : パソコン豆知識
ジャンル : コンピュータ

tag : パソコン豆知識 ネット用語 pixiv

「エンコする」って・・・?

「WAVをMP3にエンコする」・・・などと使う「エンコ」って一体何でしょうか?
これはエンコード(encode)の略です。
英語でen-は「~にする」、codeは暗号・符号の意味なので、エンコードは「暗号化・符号化する」ですね。

パソコンでは一般に、データを一定の規則や方法に従って圧縮したり変換(含暗号化)することを指します。
ですから「WAVをMP3にエンコする」は、無圧縮音声ファイルのWAV(WAVE)を、MP3に圧縮することを言っているわけです。
エンコードする際に使うソフトは「エンコーダー」です。
また、エンコードしたデータを元に戻すことは「デコード」で、そのためのソフトを「デコーダー」と呼んでいます。

動画はファイル容量が大きいため、エンコードして圧縮状態で保存されます。
それをデコードしながら再生しているわけです。
A方式でエンコードしたら、同じA方式でデコードしないと、データを正しく元に戻せません。
動画には様々な圧縮方式があり、「再生できない!」というトラブルが良くあります。
これはエンコード方式に対応したデコーダーが、そのパソコンにインストールされていないのが主な原因です。

続きを読む

テーマ : パソコン豆知識
ジャンル : コンピュータ

tag : パソコン豆知識 パソコン初心者

FAQとは?

商品販売やサービスのサイト、ソフトのマニュアルなどで「FAQ」という言葉を見たことがありませんか?
FAQとはFrequently Asked Questionの頭文字を取ったもので、よくある質問という意味です。

そこでは、利用者・消費者・購入者から良く寄せられる質問に対して、たいてい一問一答形式で答えが書いてあります。
ですから、何か質問やトラブルがあったら、まずFAQに目を通してみることが大事です。
そこで解決すれば、もう大丈夫なわけですね。

続きを読む

テーマ : パソコン初心者
ジャンル : コンピュータ

tag : パソコン豆知識 パソコン初心者

「コピペ」とクリップボード

コピペという言葉をよく聞きますね?
これはコピー&ペーストを短く縮めたもので、「ペースト」は普通、「貼り付け」と日本語に訳されています。
文字列やファイルなどをコピー(複製)して、それを(大抵は前にあった場所とは違う所に)貼り付けることです。

文字列の場合は普通、コピーしたい部分をドラッグすると、背景が濃くなって文字が白くなるので(この状態を「反転」と言います)、そのまま右クリック⇒「コピー」や、メニューの「編集」⇒「コピー」、又はショートカットキーでCTRL+C(CはもちろんcopyのCです)で、コピーできます。
「反転」は、その部分が今選択状態であることの印です。
ブラウザのアドレス欄など、ドラッグしなくてもクリックしただけで反転して選択状態になる場合は、コピーするのも簡単です。

ところで、「コピー」しただけ(まだ「貼り付け」していない)では、特に何も変化が起きません。
コピーしたものは一体どこにあるのでしょうか?
コピーしたものはクリップボードという、Windowsの一時記憶場所に置かれています。
これが次に(右クリックなどで)「貼り付け」操作をすると、その場所に表示されるのです。
ですがこのクリップボード自体、どこにあるのかわかりませんよね?
実はクリップボードを「見る」方法があります。

続きを読む

テーマ : パソコン初心者
ジャンル : コンピュータ

tag : Windows パソコン豆知識 パソコン初心者

★ カテゴリー ★
全ての記事

全ての記事を表示する

最新のコメント
お役立ちサイト
訪問者数
★ 最新の記事 ★
スポンサードリンク
サイト内検索
管理人のWebサイト
★ランキング参加中★

RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。