スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートカットとは?

ショートカットとは「近道」の意で、ファイルやフォルダに簡単にアクセスする仕組みのことです。
最も一般的な使い方は、深い階層にあるファイルやフォルダのショートカットアイコンをデスクトップに作って、それをダブルクリックして簡単に開く、ということでしょうか。
矢印が付いたショートカットアイコンの色々

ソフトを起動するためのショートカットとは、正確にはソフトの実行ファイル(拡張子.exe)のショートカットということです。
ソフトの「本体」はシステムフォルダの中にあったりして、一々デスクトップから順にフォルダを開いていくのは面倒ですね。
スタートメニューを使う方法もありますが、頻繁に使うソフトはやはりデスクトップにショートカットを作っておくのが便利です。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : Windows 全般
ジャンル : コンピュータ

tag : ショートカット Windows

ショートカットの作り方

ショートカットは右クリックから作るのが簡単です。
ショートカットを作りたいフォルダやファイルをポイントして、右クリックします。
「送る」⇒「デスクトップ(ショートカットを作成)」か、又は単に「ショートカットの作成」をクリックすればOK。
右クリックからショートカットを作る

ソフト起動用のショートカットなら、スタートメニューの「すべてのプログラム」一覧の項目を右クリックしても同様のメニューが出ます。
作ったショートカットは、後から好きな場所に移動してもかまいません。

続きを読む

テーマ : パソコン豆知識
ジャンル : コンピュータ

tag : Windows ショートカット パソコン豆知識

スタートアップに入れて自動起動

ソフト起動用のショートカットは、「すべてのプログラム」の「スタートアップ」に入れると、パソコンの電源を入れた後、ソフトを自動で起動させることができます。
パソコンを立ち上げると、メールを見る、特定のWebサイトをチェックするなど、いつも最初にやることが決まっている人は、利用すると便利なワザです。

まず、自動起動させたいソフトのショートカットを作って、デスクトップなどに置いておきます。
次にスタートメニューの「すべてのプログラム」の中から、「スタートアップ」という項目を探しましょう。
見つけたら右クリックします。
スタートアップフォルダを開く

「開く」をクリックします。
(ユーザー別に設定したいなら「開く」を、全員で同じ設定にしたいなら「開く-All Users」にします。1人でしか使っていないパソコンなら、どちらでも同じです)
開いたフォルダに、ショートカットをドラッグして移動させましょう。

続きを読む

テーマ : Windows 全般
ジャンル : コンピュータ

tag : Windows ショートカット パソコン豆知識

ショートカットにドラッグ&ドロップ

ソフトのショートカットをデスクトップに置いておくと、ダブルクリックですぐ起動できて便利ですが、他にも、ファイルを直接このショートカットにドラッグ&ドロップして、ファイルを読み込んだ状態で起動させる方法があります。
すでに作成してあるファイルの閲覧や編集の際には、この方法を使うと、ソフトを起動してから「開く」でファイルを読み込む手間が省けて便利ですね。
文書、画像、音楽など、大抵の閲覧&編集ソフトはこの「ドラッグ&ドロップでの読み込み起動」に対応しています。
(そうでないソフトもありますが)

デスクトップのショートカット(画像編集JTrim)に、写真のファイルをフォルダウィンドウからドラッグしているところです。
デスクトップのショートカットにファイルをドラッグする

ポインタの下にプラス印が付いているのは、「ファイルを(移動ではなく)コピーしていますよ」という意味です。

続きを読む

テーマ : パソコン豆知識
ジャンル : コンピュータ

tag : Windows ショートカット パソコン豆知識 デスクトップ

ショートカットを「送る」に登録

ファイルを右クリックした時の「送る」のリストに、良く使うフォルダが登録されていると便利だと思いませんか?
ファイルをそのフォルダにすぐコピーできます。
これもショートカットを使うと簡単にできますよ。

右クリックの「送る」は、SendToというフォルダがその実体?で、すでにリストにある項目も、実はショートカットなのです。
ですから、このリストに加えたいフォルダのショートカットを自分で作って、SendToフォルダに入れればいいのです。

まずショートカットを作ってデスクトップに置いておきます。
SendToフォルダは、環境によっては表示されていないこともあるので、簡単に開くには、スタート⇒「すべてのプログラム」の「ファイル名を指定して実行」を使います。
名前の欄にsendtoと入力してOKをクリックしましょう。
SendToフォルダを開く

続きを読む

テーマ : Windows 全般
ジャンル : コンピュータ

tag : Windows パソコン豆知識 右クリック

★ カテゴリー ★
全ての記事

全ての記事を表示する

最新のコメント
お役立ちサイト
訪問者数
★ 最新の記事 ★
スポンサードリンク
サイト内検索
管理人のWebサイト
★ランキング参加中★

RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。